がん治療の副作用「脱毛」について【Dr.新見正則のオックスフォード式健康法】

NO IMAGE

0

がん治療を行い始めると、抗がん剤や放射線治療の影響でいろいろな副作用が出ることが多いです。「脱毛」はその代表格です。髪の毛や眉毛、睫毛等が抜けてしまいます。なぜこのようなことが起こるか、解説します。

お話し:新見正則

新見正則医院 院長
https://niimimsanori.com/

・略歴
1959年生まれ。医学博士。慶應義塾大学医学部卒業、英国オックスフォード大学医学部博士課程留学。
移植免疫学でDoctor of Philosophy(DPhil)取得。
帝京大学医学部外科准教授、アメリカ外科学会フェロー(FACS)、日本外科学会専門医・指導医、日本東洋医学会専門医・指導医、日本脈管学会専門医など。
外科医で漢方医でもあり、イグ・ノーベル賞を受賞したサイエンティスト、健康と医療のプラットフォーム屋(Medical Platformer)としても活動中。

・主な著書
フローチャート漢方薬治療(新興医学出版社)
フローチャートがん漢方薬(新興医学出版社)
西洋医がすすめる漢方 (新潮選書)
患者必読 医者の僕がやっとわかったこと(朝日新聞出版)
誰でもぴんぴん生きられる(サンマーク出版)
ボケずに元気に80歳!: 名医が明かすその秘訣 (新潮文庫)
健康マニア、何が楽しい(集英社)

・主な過去のメディア出演
主治医が見つかる診療所(レギュラー/テレビ東京系)
堀尾正明+PLUS(レギュラー/TBSラジオ)
林修の今でしょ!講座(テレビ朝日系)
世界一受けたい授業(日本テレビ系)