脱毛症の原因にはこんなものがあります。男性型脱毛症と老人性脱毛症と脂漏性脱毛症と圧迫性脱毛症とけん引性脱毛症とびまん性脱毛症と円形脱毛症と瘢痕性脱毛症と薬剤性脱毛症と産後脱毛症と抜毛症

脱毛症の原因にはこんなものがあります。男性型脱毛症と老人性脱毛症と脂漏性脱毛症と圧迫性脱毛症とけん引性脱毛症とびまん性脱毛症と円形脱毛症と瘢痕性脱毛症と薬剤性脱毛症と産後脱毛症と抜毛症

チャンネル登録はこちら!!。
https://www.youtube.com/channel/UCT8LfNCa2pGqRzS0o25xUCQ?sub_confirmation=1

動画の説明。脱毛症の原因にはこんなものがあります。男性型脱毛症と老人性脱毛症と脂漏性脱毛症と圧迫性脱毛症とけん引性脱毛症とびまん性脱毛症と円形脱毛症と瘢痕性脱毛症と薬剤性脱毛症と産後脱毛症と抜毛症。

脱毛症(だつもうしょう)、または抜け毛(ぬけげ)とは、本人が生えることを期待していた毛髪(主に過去に生えていた箇所の毛)が生えなくなった状態、あるいは抜けてしまった状態のことである。通俗的には禿げ(はげ)と言われる。生理学的 

男性型脱毛症[編集]男性の大半は加齢と共に多少なりとも前頭部と頭頂部の毛量が減少していく。そのため、これは正常な生理的現象であるとし、病気としては扱われない。後述するような医学的対処も行われているが、医薬品は生活改善薬の一種であり、外科的手法は美容外科手術の一種である。病気の治療ではないので健康保険は適用されない。しかし、男性型脱毛症の大部分を占めるAGAはフィナステリドやデュタステリドを内服する事で進行を止める事が可能になった。その場合自由診療であり、皮膚科、美容外科などの医療機関のみが取り扱っている。AGAの原因は酵素5α-リダクターゼの働きによって男性ホルモンである「テストステロン」から生成されたDHT(ジヒドロ・テストステロン)という物質が原因と考えられている。このDHTが毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体(レセプター)と結びつくと、髪の毛の正常なサイクルを狂わせてしまう。5α-リダクターゼにはタイプIとタイプIIの二種類が存在し、それぞれI型DHTとII型DHTを生成する。AGAが出現する前頭部と頭頂部にはタイプIIの5α-リダクターゼが主に存在し、AGAが出現しにくい後頭部と側頭部にはタイプⅠが多く存在している。通常、生えた髪の毛は2年~6年は維持されるはず(その後抜け毛となり、また生え変わる)であるが、DHTタイプIIが標的器官である前頭部と頭頂部の髪の毛の毛乳頭細胞にある男性ホルモンレセプターに接続すると脱毛に関するタンパクを生成し、一気に毛髪の寿命を縮め、数ヶ月から1年で成長が止まってしまう。そのタンパク質の代表的なものがTGF-β1と考えられている。TGF-β1は細胞の働きを調節する内因性生理活性蛋白質でサイトカインの一種である。TGF-β1が毛包細胞に存在するTGF-β1レセプターに結合すると毛包細胞の細胞自然死(アポトーシス)が起こり、毛周期が退行期へ誘導されてしまう。5α-リダクターゼタイプⅡの阻害薬がフィナステリドであり、5α-リダクターゼタイプⅡとタイプⅠの両方を阻害するのがデュタステリドである。これらの薬品はAGAの進行を防ぐ効果がある。これは自毛植毛をしても同じ事であり、植毛のドナーは後頭部より持ってくるため、生涯AGAに侵されるリスクは少ないが周囲の毛はAGAの進行とともに弱毛化し抜けて行く。つまり自毛植毛をしてフィナステリドかデュタステリドを内服しなければ植毛した毛のみが残る事になりうる。女性の男性型脱毛症(FAGA)[1]は女性型脱毛の一部に認められ、前頭部から頭頂部にかけて全体的に薄くなる。女性にフィナステリドやデュタステリドを投与する事は禁忌となっている。  

薬剤性脱毛症の特徴や症状薬剤性脱毛症は、お薬の副作用として起こる脱毛症です。この脱毛症は、原因となるお薬によって2種類に分かれます。• 成長期脱毛 → 抗がん剤が原因• 休止期脱毛 → 原因となる薬はいろいろ種類により、脱毛が起こるメカニズムが異なります。成長期脱毛とはそもそも髪の毛は、どのように作られているのでしょうか。髪の毛の根元の部分を「毛根」と呼びますが、毛根の中には「毛母細胞」という細胞があります。人の髪の毛は、この毛母細胞が分裂することで成長します。一方の抗がん剤は、がん細胞の分裂を抑えることで病気を治療するお薬です。しかしがん細胞以外の細胞にも作用することがあります。特に髪の毛をつくる毛母細胞は、からだの他の細胞と比べると活発に細胞分裂をするという特徴があります。そのために抗がん剤のターゲットになりやすく、細胞死(アポトーシス)を起こして脱毛が始まってしまうのです。個人差があるものの、一般的に抗がん剤の投与から2~3週間後に脱毛が起こることが多いと言われます。ちなみに抗がん剤の副作用は、「まゆ毛」や「まつ毛」に及ぶこともあります。ですが髪の毛に比べると、脱毛症状が目立たないことが多いです。これはまゆ毛やまつ毛は成長スピードが髪の毛よりも緩やかであるため、抗がん剤の影響を受けにくいことが理由です。休止期脱毛とは髪の毛が新しく生えてから抜けるまでの流れを、ヘアサイクル(毛周期)と呼びます。ヘアサイクルには、3つの時期があります。成長期→髪の毛が活発に伸びていく時期退行期→髪の毛の成長がストップする時期休止期→成長が完全に止まった髪の毛が、抜けるのを待っている時期薬剤性脱毛症はお薬の影響により一連のヘアサイクルが乱れ、成長期が短くなったり休止期の髪の毛が増えることで起こるのです。そうなると髪の毛が十分に育たず、多くの髪の毛は抜けるのを待つだけの状態となってしまいます。しかし薬剤性脱毛症では、お薬を服用してから実際に脱毛が始まるまでに長い期間がかかることが多いです。そのため原因となったお薬が、見つかりにくいという問題があります。 

薬剤性脱毛症を起こす可能性があるお薬では薬剤性脱毛症は、どのようなお薬によって起こる可能性があるのでしょうか。以下では、薬剤性脱毛症を起こしうるお薬をご紹介していきます。成長期脱毛を起こしうるお薬成長期脱毛は、抗がん剤によって起こる脱毛症です。しかし種類によって髪が抜けるかどうかは異なり、特に次のような抗がん剤は脱毛を起こしやすいことが報告されています。• パクリタキセル(タキソール)• 塩酸イリノテカン(トポテシン、カンプト)• ドセタキセル(タキソテール)• エトポシド(ベプシド、ラステット)• 塩酸アムルビシン(カルセド)• シクロホスファミド(エンドキサン)• 塩酸ドキソルビシン(アドリアシン)また脱毛を起こす可能性があるのは、これらの抗がん剤だけではありません。頻度は低いですが、これら以外にも脱毛を起こしうる抗がん剤があります。※参照:国立がん研究センター 休止期脱毛を起こしうるお薬休止期脱毛を起こしうるお薬には非常に多くの種類があります。以下ではそのようなお薬について一部、表にまとめました。お薬の種類成分名ヘルペス治療薬アシクロビルなど痛風治療薬コルヒチン、アロプリノールなど消炎鎮痛剤イブプロフェン、インドメタシン、ジクロフェナクなど高脂血症治療薬シンバスタチン、アトルバスタチン、ベザフィブラートなど降圧薬ドキサゾシン、アムロジピン、ベタキソロール、エナラプリルなど抗うつ剤イミプラミン、クロミプラミンなど抗てんかん剤ゾニサミド、バルプロ酸ナトリウム、カルバマゼピンなど胃薬ランソプラゾール、オメプラゾール、ラニチジンなど糖尿病治療薬グリベンクラミド、グリクラジド、ボグリボースなど骨粗しょう症治療薬エチドロン酸二ナトリウム抗真菌剤フルコナゾール、イトラコナゾール、テルビナフィンなどインターフェロン製剤IFNα、IFNβ、IFNγ食欲抑制剤マジンドールアレルギー治療薬トラニラスト、テルフェナジン、エバスチン、ロラタジン血液凝固阻止剤ヘパリン、ワーファリン子宮内膜症治療薬ダナゾール、ナファレリン抗結核剤エチオナミド、エタンブトール抗甲状腺剤プロピルチオウラシル、チアマゾール