井上真央、“真っ黒”日焼けメイクで役作り!『大コメ騒動』クランクアップコメント映像

NO IMAGE

★チャンネル登録:https://goo.gl/U4Waal

 1918(大正7)年、富山県の貧しい漁師町で起こった「米騒動」。日本の女性が初めて起こした市民運動ともいえる出来事で活躍した女性たちにスポットを当てた映画『大コメ騒動』が2021年1月8日TOHO シネマズ日比谷ほかで全国公開。主演は『八日目の蝉』で日本アカデミー賞最優秀女優賞を受賞した女優・井上真央。夏木マリ、鈴木砂羽などの女優陣に加え、室井滋、立川志の輔、柴田理恵など富山出身キャストも多数出演。監督も富山出身、『超高速!参勤交代』の本木克英。主題歌は、米米CLUB が担当。日々の暮らしを守るため、井戸端から沸き上がった女性たちの声が、社会を大きく変えていく実話。

 7日、クランクアップ時の井上真央コメントが到着。見た目から徹底した役作りのまま、「このふん装をして、皆で役になって集まった時、自分が想像していた以上の力強さで、完成が楽しみになりました。なかなか、あまり女優陣が真っ黒(日焼けメイク)になることがないくらい真っ黒になったけ
れど、一つ一つ楽しみながらできました」と充実した現場と作品への手ごたえを語った。メイキング写真からも、ふん装への気合はもちろん、その表情からも、現場で発揮された女性たちの結束の力強さが分かる。

 また、本作は富山弁で撮影されているが、富山出身の室井も「富山弁は、関西の言葉とも東北の言葉とも違って難しい」というくらい発音が独特な方言。一部分を鼻濁音にしたりイントネーションの上がり下がりが細かかったりするが、本木監督は「井上さんは直すところがなかった」と井上の富山弁
を絶賛!予告編でもその流ちょうな富山弁が確認できる。