【1日の食事】ダイエットをやめた私の食生活|禁止食や糖質制限なしで縛らない囚われない|極端な糖質制限なしで代謝を下げない体づくり

【1日の食事】ダイエットをやめた私の食生活|禁止食や糖質制限なしで縛らない囚われない|極端な糖質制限なしで代謝を下げない体づくり

0

過度なダイエットを1度してから、主食や禁止食を食べる生活が自分の中で腑に落ちるまでは時間がかかったし、頭では食べた方がいいって理解していても罪悪感が勝ったり。米を食べてみて「大丈夫かも?」と体感する回数が増えるたびに確信や自信に!
思考のクセで主食が何度も怖くなりましたが、それはクセでしかありませんでした。

【主に気をつけていること】(毎日全部できている訳ではない)
①食事中は「ゆっくり」よく噛む・水やお茶も適量取り入れる

②晩飯にお米を取り入れる(我慢からの反動による暴飲暴食、過食の度合いや回数が徐々に減った・睡眠がとれるようになった)

③朝飯は「炭水化物や糖質+タンパク質」で血糖値の大幅な変動を防ぐ。
極端な糖質制限なしで代謝を下げない!朝のタンパク質で日中の活力と夜の快眠に繋げる!

④食事の前後や帰宅後はリフレッシュを挟んで一旦落ち着く(散歩・寝転ぶ・お茶・深呼吸・本など、なんでも良い)

⑤食べすぎた次の日は食事より先に生活リズムを見直す。(早寝早起き、陽を少しでも浴びるなど)
食事は極端に抜かず「糖質(特に米)+タンパク質+食物繊維」意識することで代謝を下げない体づくりの一日に。(食べすぎたものが1日で脂肪になることはない)

⑥カロリーや栄養だけで選ばない(禁止食を作らない)

⑦パンを食べる時は汁物をプラス(腹持ちに大事な水分を補う)

⑧睡眠をとることが食欲安定や代謝を上げるために必要な「自律神経」を整えてくれる。(少しでも外の光を浴びる・炭水化物を極端に抜かない)

⑨精神的な不安やストレスの原因把握と緩和

体重計を手放したことも数字に囚われ、焦りを感じやすい自分にとって大きく前進できたきっかけとなりました。1〜2kgの変動は水分や浮腫、便で毎日起こるもの。

【自己紹介🌻】
161cmの23歳女です。

3年前に39kgまで体重が落ちて痩せることへ執着心が離れず、糖質や炭水化物への恐怖心から極端に摂取しなかったり、また極端に摂取する日を繰り返していました。

現在は食事への罪悪感は一切なくなり、生理も回復。

個人的に体感していることが中心になりますが、動画通して極端なダイエットで苦しむ方や食事が怖くなってしまった方に伝わる動画を目指します。

現在の運動は床の拭き掃除や風呂掃除などの家事や近所やスーパーへの軽い散歩、風呂上がりの軽いストレッチ。心身のリフレッシュという気持ちで行います。

過度な運動をやめてからストレスやピリピリ感がなくなり、いかに無理をしていたかよく分かりました。ゆるく一生継続できるといいかなって今は思っています。

しっかり食べるようになってから体温も上がり、体だけでなく心の面も浮き沈みが以前より激しくなくなりました。

たまにどうでもいいこと話しますが大目にみてください。

コミュニティにも写真を投稿しています。

BGM: https://youtu.be/_6VxTpU1-Z8 「ローファイ少女は今日も寝不足」

BGM:https://youtu.be/slt_Bav8nsQ「2:23AM」

BGM:https://youtu.be/420DvPiALog「ローファイな朝食」

BGM:https://youtu.be/s_i6zZGC9Oc 「午後四時」

#1日の食事 #ダイエット卒業 #食生活